• ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

不動産売買を理解しよう

複雑で専門的な知識を要する不動産売買ですが、不動産会社の仲介をうまく利用すると、効率的な売買を実現できます。 不動産は非常に高額な売買ですから、事前にポイントを理解しておくことが大切です。 このページで、不動産売買の仲介の仕組みについて詳しくまとめます。 続きを読む

不動産売買の仲介とは

不動産売買とは、物件などの不動産の所有権を移転させることで、売主の申し込みと、買主の承諾の意思表示をお互いに合致させることをいいます。

不動産の売買取引には、聞きなれない専門用語が多かったり、法律や税務などの高度な知識を必要とするため、不動産会社に依頼することが多いです。
しかし、不動産売買は、日常の中の一般的な商品の購入などとは異なり、非常に高額で、人生において何度とない重要な取引です。
そのため、売却や購入を不動産会社に依頼する際は、念入りに不動産会社の信頼性や契約条件をしらべ、納得できるところに依頼することが重要です。
また、基本的には所有権移転という契約なので、不動産売買が完了すると、契約内容の変更などは不可能となります。

不動産会社は、売主と買主をマッチングさせる仲介をする会社であり、取引完了後は成功報酬として、売主と買主に仲介手数料を請求します。
仲介手数料を高額に請求する会社もあり、一方で、中には仲介料を無料や安価に設定し、質の低い仲介をしている会社も存在します。
そして、売主と買主は、仲介料を支払うことを前提に、物件を売る、または買う際にあたってのメリットとデメリットを把握することが大切です。

安心して納得のできる売買をするためには、不動産売買の仲介について、事前に正確に理解しておく必要があります。
今回は、不動産売買にあたって必ず付き物となる、仲介の仕組みについて詳しくご紹介します。

おすすめリンク

仲介手数料を賢く支払おう

不動産売買を不動産会社に依頼した場合、必ず仲介料が必要となります。 仲介のサービスを享受するにあたって、仲介手数料は必要出費となるので、不動産売買にあたっては、まずは仲介料について正確に把握することが大切です。 仲介料のしくみや、仲介料の金額設定の注意点について、このページで詳しくご紹介します。 続きを読む

不動産売買のメリットとデメリットとは

不動産売買は、複雑で高額な取引です。 その分、取引が成功すればメリットがたくさんありますし、適正な取引実現のためには注意しなければならないポイントも多いです。 このページでは、物件の売主と買主にわけて、不動産会社に仲介を依頼した場合の、それぞれのメリットと注意点をご紹介します。 続きを読む