不動産売買を理解しよう

不動産仲介の基本構造

ひとつの会社や市場の商品を、様々な商店が仕入れて、利益の分を上乗せして消費者に販売するのが、一般的な流通のシステムです。

それに対して、不動産仲介は性質が異なります。

売却された物件を、買主へ受け渡すサポートをするのが不動産会社のサービスであり、物件は売主の販売価格のまま買主に受け渡されるのです。

そして仲介不動産会社は、取引完了後、物件の売却価格の一部を、仲介手数料として買主と売主に請求します。
この仲介手数料は、売却価格が400万円以上となった場合は、その売却価格の3%+6万円を上限として受領します。
しかし、この価格はあくまで法律で定められた上限なので、手数料の価格は不動産会社によって異なります。

つまり、不動産会社は、物件を商品として販売しているのではなく、物件の売主と買主の取引を手助けするというサービスを提供する会社なのです。

全国一律の不動産情報

不動産会社は数多くありますが、いずれもあくまで、物件売買の仲立ちをうけもつ会社です。
そのため、取引を仲介する売却物件は、多くの不動産会社が同じ情報をもっているという特徴があります。

日本では国土交通省の指定により、不動産流通機構が運営している、REINSという不動産についてのネットワークシステムが存在しています。
不動産流通機構の会員不動産会社は、買主から専任媒介契約を結んだ際に、情報をこのレインズに提供することが義務づけられています。
そして会員不動産会社は、レインズに蓄積される大量の物件と取引事例を引き出すことができ、不動産情報は会員間で共有されているのです。

つまり、不動産業界は、網羅的で最新の物件情報を広く共有しているので、各会社の差別化は、サービスの質によって決定されることになります。

不動産売買の仲介の合理性や、仲介手数料の適正さなどによって、不動産会社ごとに違いが出てくるのです。