仲介手数料を賢く支払おう

仲介料の必要性

仲介手数料は、物件の売買には必ず必要となるものですが、不当な請求を避けて、堅実な取引を完了させるためには、手数料のしくみをしっかりと理解しておくことが重要です。

不動産会社は、物件売買の仲介というサービスを受け持つ会社なので、取引にあたって、売主と買主に手数料を請求します。
もしも不動産会社を一切介さずに、一般の個人同士で取引をしようとした場合、買い手を身の回りから探さなければなりませんし、契約条件の交渉や登記事項の変更などを、すべて自分たちで進行する必要があります。
そのようなコストを避けるために、専門的な知識や膨大な情報量をもつ不動産会社に依頼して、仲介手数料を支払うのです。

仲介料は、法律で、上限価格が売買価格の3%+6万円と消費税に定められています。
しかし、具体的な仲介料や、仲介料を支払うタイミングなどは各不動産会社によって異なるので、契約前に念入りに確認することが重要です。

安い仲介料には注意しよう

仲介手数料は意外と高額になる場合が多く、安い仲介料が魅力的にうつるものです。

しかし、不動産会社は、売主と買主のマッチングと契約成立にあたって、相談や査定、契約締結などといった様々な業務をおこなっています。
そのため、仲介手数料の請求は必要な費用であり、仲介料を安価に提示する会社は、仲介サービスのコストを削っている可能性が高いといえます。

このような場合、不動産を売却しようとしている売主は、物件の広告掲載を減らされたり、実際の売却価格を当初の希望より安くされるといった不利益を被る可能性があります。
また、物件を探している買主は、不十分な広告に掲載される狭い選択肢から選ばなければならなかったり、媒介契約にあたっての経過報告が丁寧さに欠けるといった状況になることも考えられます。

不動産売買は長期にわたる重要な契約です。
質の高い取引をするためにも、仲介手数料がふさわしい不動産会社を選ぶと良いでしょう。