不動産売買のメリットとデメリットとは

売却のメリットとデメリット

物件を売却したい場合、宅地建物取引業法で定められた免許を持っている不動産会社に依頼することで、リスクを避けて合理的な売却を実現することができます。

しかし、売却までにある程度の時間を要するため、売却時期や売却価格の見通しが立てられないというデメリットがあります。
長期の資金計画が立てられないだけでなく、仲介手数料や、場合によってはリフォーム費用などの請求があるため、予想以上の出費となる可能性があります。
また、不動産会社に依頼して専任契約を結んだ時点で、レインズという情報ネットワークに登録されるため、物件を売却にだしていることは公になります。

そのため、不動産会社を通した売却は、売却時期や売却費用の見通しに余裕がある方や、売却していることを知られても良く、居住したまま内覧者が訪問しても気にならないような方におすすめです。

買取のメリットとデメリット

物件を探している買主には、不動産会社の仲介を依頼すると、様々なメリットがあります。
多くの広告から、希望に合った物件を選択することができ、指定された価格に納得できれば、そのままスムーズに取引にうつることができます。

その一方で、高額な仲介手数料が請求される場合もある点に注意しなければなりません。
法律で定められた上限価格に満たない価格設定だった場合、売買契約が進んでいくにあたって、当初より高額な金額に変更される可能性もなくはありません。
仲介手数料を安く設定している不動産会社を選ぶと、狭い選択肢と質の低い仲介サービスを経たあとに、契約にあたって仲介料を値上げされるというリスクもあります。

不動産会社によって、物件探しから買取まで、サービスの質に差があるので、総合的に良心的な会社を賢く選ぶとよいでしょう。